札幌 歯医者歯科用CT [ORTHO PANTOMOGRAPH OP300]

当院では被ばく線量の少ない歯科用CT(3D)装置を導入し、安全な歯科治療を心掛けています。
従来のレントゲン撮影では分からなかった骨量、骨幅、正確な血管や神経の位置が分かるようになり、
根の治療や歯周病治療など保険診療の歯科治療でも有効に活用されています。
口腔外科、インプラント治療など詳細な診断が必要な場合にも活用されています(自由診療)。

 OP300
当院が採用しているORTHOPANTOMOGRAPH OP300は、
この1台でパノラマレントゲン、セファロレントゲン、
コーンビーム3D画像を撮影することが出来ます。
これらの機能を組み合わせ、
多角的な視点からより精密な検査が可能です。
また、被ばく線量も一般の歯科用のレントゲンと
比べて格段に低く、ご安心して診療に臨んでいただけます。
パルス照射の採用により、
 実質照射時間はわずか2.3秒(撮影時間10.1秒)
と高速撮影が可能なため、低被ばく線量で
3D画像が得ることができます。
それにより、患者さまへの負担が軽減されます。

 CT
 撮影された3D画像

札幌 歯医者CTによる診断事例

難抜歯
  歯の位置、向き、神経との位置関係が3次元的にわかり、
  親知らずなどの抜歯が行えます。
歯周病治療
  歯の周囲の骨の程度が、立体的に把握でき、歯周病の進行度が診断できます。
  そのため適切な治療計画を立てることができます。
根管治療
  歯の根の先の病巣の状態など、通常のレントゲン画像に比べて
  正確な診断が可能になります。
インプラント治療
  インプラントを埋める部位の骨の質や厚み・形態、神経・血管の位置が分かり、
  適切な診断が行えます。

※CT撮影は保険適応できるケースが多岐にございますので、ご不明なことがあれば
お気軽にお問い合わせください。

ホーム | 歯科用CT

歯科医師紹介

口腔外科と審美歯科の両立
詳細はコチラ

医院案内

 手術室・救急体制(AED,酸素)
詳細はコチラ

お問い合わせ

 (011)281−4182
詳細はコチラ