札幌 インプラントインプラント


  インプラントとは
   歯科用インプラントとは天然歯根の代用となる人工歯根のことです。
   外科手術により顎の骨に埋め込み、数ヶ月間の治癒期間を経て骨組織と結合します。
   このしっかりと安定した土台の上に修復歯を固定し、
   天然歯とほぼ同じ感覚で噛める状態にする治療です。
インプラントの治療の過程1 インプラントの治療の過程2 インプラントの治療の過程3 インプラントの全体図

  従来の治療法との比較
   従来からの治療法では、失った歯の修復法として、
   ブリッジや取外し式の部分入れ歯・総入れ歯が使われています。
   しかしこれらの方法では隣にある健康な歯を削ったり、傷つけたりすることがあります。
   また歯を失ってしまう事により咀嚼時の機能的な刺激が骨に伝わらなくなり、
   顎の骨量は徐々に減少していきます。このような骨の経時的な変化により
   入れ歯とのフィット感が損なわれてしまうことも少なくありません。
   インプラント治療は健康な歯に固定や連結する必要がないので、
   健康な歯を傷つける心配も違和感もありません。
   インプラントを利用した入れ歯では、顎の骨に埋め込んだインプラントに
   しっかりと固定されているのでフィット感が長期にわたって保たれ、
   またインプラントから顎の骨に直接刺激が伝わるので骨量が減少していく可能性も低くなります。
従来法 インプラント
歯を1本失った場合 従来法
失った両隣の健康な歯を削ってブリッジにして固定します。
インプラント治療
失った部位だけにインプラントを埋めますので、健康な歯を傷つけません。
歯を複数失った場合 従来法
健康な歯に金属のバネをかけて入れ歯を固定します。違和感があり、バネをかけた歯にも負担がかかります。
インプラント治療
入れ歯の床や金具の違和感がなく、バネをかけた健康な歯への負担もありません。
歯を全て失った場合 従来法
総入れ歯は歯肉との吸着力で支えています。ガタつきを起こし易く、味覚も損なわれます。
インプラント治療
インプラントで顎の骨にしっかりと固定されますのでガタつきがなく安定します。

ホーム | インプラント

歯科医師紹介

口腔外科と審美歯科の両立
詳細はコチラ

医院案内

 手術室・救急体制(AED,酸素)
詳細はコチラ

お問い合わせ

 (011)281−4182
詳細はコチラ